人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

ウェブサイト開局前の管理人代表

ウェブサイト開局前の管理人代表

ボンバースタジオ生誕25年記念企画その5
「ウェブサイト開局前の管理人代表」

f:id:manga-corner:20010330100055j:plain

【写真1】
山口県新南陽市の事業「古市大橋」完成
(2001年03月30日10時00分撮影)
踏切事故解消による建設が1999年から始まりました
山陽新幹線開業前は特急列車と急行列車が行きかう路線でした
ゆめ風車と新南陽病院が目立っていました

ウェブサイト開局前の管理人代表は、コンビニ店員としてローソン徳山築港店に勤務していました。その当時は1997年から2001年までの間のお話で、特に1999年当時の周南合併が話題となっていました。1999年当時の団塊ジュニア世代は、年長組で28歳、年少組は25歳ですが、本当の団塊ジュニア世代は18歳から25歳までと推測できます。一番人口が多いのは団塊世代ですが、団塊ジュニア世代を基準にしますと、団塊ジュニア世代の下の世代にあたります団塊三世は、半分程度です。

f:id:manga-corner:20190131191604j:plain

【写真2】
「月刊まるごと周南。」2008年04月号
(2019年01月29日23時27分撮影)
「月刊まるごと周南。」2008年04月号保存版にあります栄光の徳山藩です
平成20年と表記されており当時2008年のパンフレットです
この時期はもう既に周南合併の議論すらありませんでした
山口県下松市長であります井川政権の勝利をたたえていた時期でした

周南合併に関して、当時の人生経験のある年配者からの意見として、本来なら1970年前後に周南合併して人口30万都市の高度成長期で人口70万以上の都市を作って山口県のリーダーになるべきとおっしゃっていました。旧山口県徳山市の由来は、シティーケーブル周南さんの企画で、古い企画がありましたが「徳山藩」の記事があります。お持ちである方は読み返して見て下さい。徳山藩の真相が明らかとなります。この徳山藩は、管理人代表も含め世代全員がまだ生まれていないので、先代の徳山藩を築いた方々の言葉を探るしかありません。「なぜ山口県山口市が県庁所在地なのか?」県内最大都市の山口県下関市があったのではと思います。管理人代表の気になる事柄の推測では、萩本藩の存在にあったと思います。徳山藩が萩本藩に編入統合を申し立て、統合された藩が「山口藩」でした。統合された「山口藩」から「山口県」になり県庁所在地が現在の「山口市」になったと思います。現在でも山口県萩市山口市は仲が良いです。もし徳山藩が残れば、廃藩置県により「徳山県」となります。もちろん、県庁所在地が「徳山」で一時的に執行されたと思います。徳山藩が廃止する前に「徳山藩知事」もありました。いずれにしても山口県に再編されました。1870年代のお話です。

f:id:manga-corner:20190130210428j:plain

【写真3】
セガさん制作「バーチャファイター
(2019年01月30日21時04分撮影)
96東京おもちゃショーバーチャファイターを入手しました
当時はあいにくの天気でしたが雨に濡れないよう工夫しました
写真は「バーチャファイター3 (Virtua Fighter 3)」です

管理人代表の話題に戻します。1990年代は、ボンバースタジオとしてアナログ的な活動をしたことで、東京ではかなり刺激があったと思います。アナログだからこそ「東京」は良い時代でした。インターネットのないゲームセンターで、対戦格闘ゲームを通じて他人とのコミュニケーションをとったりクチコミがあったり多用多種でした。対戦格闘ゲームで乱入者のモラル不足が原因で喧嘩になったりするのもアナログならではの光景でした。1996年には一時的ですが、ゲームセンターの陰りも見え始めました。セガさんのバーチャファイターも第3弾としてリリースしていました。そこから分岐したと思います。ちなみに管理人代表は1996年04月30日まで東京都文京区白山4丁目のアパートに在住していました。1996年05月01日から東京都板橋区へ転居しました。

f:id:manga-corner:20010330100552j:plain

【写真4】
古市大橋から写真撮影した旧市街
(2001年03月30日10時00分撮影)
周南合併が実現する前は旧山口県新南陽市でした
市役所は新南陽駅福川駅の中央の位置にありました
中心市街地は「政所周辺」でした

1997年には、管理人代表が東京から山口へ移転した時、衝撃を受けたのは景色でした。全く刺激がないまま無力感が続いていました。1997年05月前後のお話でした。その1カ月間なりふり構わずたどり着いたのが「ローソン徳山築港店さん」でした。仕事を始めましたが、私と相手の相性がほとんど合致していませんでした。しかし、メンバーがそろっていたため、夕方から深夜02時まで勤務していました。アニメ情報はほとんどなく、良い環境だったと印象を受けました。しかし、1998年01月ごろにライバル店のコンビニが30メートル先に出店された時点で拮抗していました。そこから性格の悪さの持つ人物ともめるようになりました。

f:id:manga-corner:20010323050356j:plain

【写真5】
当時コンビニ店で発売していたコミックとビデオ
(2001年03月23日05時03分撮影)
管理人代表が勤務していたコンビニ店です
現在のコンビニ店は2002年03月に閉店したため存在していません
2001年当時は名探偵コナンが第31巻として発売していました
まだアニメブームの熱狂がなくアニメ情報の業務は無縁でした
1997年当時の管理人代表は「ポケモン」を知りませんでした

それでも管理人代表はコンビニ店勤務を続けていかなければ生活が成り立ちません。「やめればよい」と言われても次の職が見つからなければ何もなりません。ほとんどが高校生中心メンバーとなって、フリーターがほとんどいなかった状態でした。深夜シフトへ移行した管理人代表は、3年間一人でコンビニ店員として勤務していました。気を付けなければならないのは「コンビニ強盗」です。売上金の一万円札がたくさんあるからです。深夜に強盗等が入ってこなかったのは、管理人代表が立ち読みする客を追い出すことをせず注意しなかったことが救いでした。もし一人だったら強盗のカモになっていました。やはり力の強い大人たちの従業員が必要と痛感される業務だと思いますが、現実は上手にいきません。

f:id:manga-corner:20010323110547j:plain

【写真6】
2001年当時の下松駅周辺
(2001年03月23日11時05分撮影)
コンビニ店勤務終了後山口県下松市へ向かいました
写真撮影当時の管理人代表は28歳でした
合併推進派による市長の影響で下松駅周辺の再開発が進みました
国道188号線の高架道路も4車線化に拡大する計画案がありました
2001年当時の市長は合併慎重派「井川成正さん」でしたが周南合併ができることの望みもありました
山口県新南陽市は1999年12月に合併慎重派が当選されました

変化が起きたのが2001年02月でした。周南合併はまだ実現していません。この時期に深夜組と早朝組の不仲の本性が現れました。深夜組の立場であった管理人代表と早朝組の年配の女性による対立です。1998年03月にも一回ありましたが、今回は半端ではありませんでした。早朝組は仲間のなれ合いでした。深夜組はメンバーが少数だったので不利でした。気持ちを伝えても相手は理解せず、喧嘩になりました。お客さんであったおじさんにも「おっとーっ、怒ってます…怒ってます…怒ってます」と馬鹿にされました。頼りにされる知り合いもいない状態だったので孤立感がありました。一時期復帰した期間がありましたが、もはや仕事の形がなくなりました。最終的には2001年08月末で4年間勤務していたローソン徳山築港店を退職し職場を去りました。
(次回は2019年02月15日です)