人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ上位大会展望

MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ上位大会展望

f:id:manga-corner:20200730213138g:plain

MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ上位大会は
2020年09月22日より開催されます


第5節1回戦で対戦するAブロックから紹介しましょう
(1)「約束のネバーランド」は2018年アニメタイトルチームの初出場だ
(2)「ジョジョの奇妙な冒険」は集英社初3大会連続出場で奇跡を起こした
(3)「黒執事」は二大会連続上位大会優勝の夢は消失したがサービス満点だ
(4)「ルパン三世」は上位大会初出場だが公開大会でも満足は出来る
第6節1回戦で対戦するBブロックを紹介しましょう
(1)2大会連続上位大会出場を果たした「ドラえもん」は伝統のあるアニメだ
(2)3大会ぶり上位大会出場を果たした「ちはやふる」は古典かるたが魅力だ
(3)「ポケットモンスター」は特別出場として大会を作る実力がある
(4)「リルリルフェアリル」はぷっちぐみの代表として未来へ継ぐ実力がある


今大会は通常大会のため
1回戦開催となります

【サービスコーナー】
※第50回2020年前期日程は2020年09月30日まで有効です
上位大会1回戦Bブロック終了は
「2020年10月03日」です
以下の文書を紹介致します

MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ上位大会もいよいよ準決勝に入ります
今大会はコロナ禍「コロナか」の影響で開催中止が決定されました
以上

MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチも残すのはあと1試合となりました
開会式では全8アニメタイトルチームが集まりました
閉会式では全て勝利した2アニメタイトルチームだけが許されます
開会式から1回戦が始まり敗北アニメタイトルチームが去りました
1回戦では「集英社」「講談社」「小学館」「その他出版社」と対戦しました
今大会はコロナ禍「コロナか」の影響で開催中止が決定されました
今大会は4アニメタイトルチームが優勝となりました
以上


以上で
「MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ上位大会展望」
を終わります

引き続き記事の紹介です

「アニメファン倶楽部人気投票」約三カ月遅延による更新

f:id:manga-corner:20200919205651j:plain

【写真01】アニメファン倶楽部人気投票が動いた
(2020年09月19日20時53分撮影)

今まで更新が実施されていなかった「アニメファン倶楽部人気投票」が、2020年夏季号から2020年秋季号に更新されました。通常であれば、2020年秋季号は、2020年06月26日が相場でしたが、2020年09月19日深夜00時00分に転送して更新されました。

題名にあります「「アニメファン倶楽部人気投票」約三カ月遅延による更新」です。要因は、2020年04月07日に日本政府から緊急事態宣言が発令してから、大会等中止が余儀なく、判断に迫った状態でした。 #2010年代10年間制覇 による認定失敗した主催者側にとって、かなり痛手を受けたことで、今後の10年間は気持ちよく開催出来る状態ではないと思われます。

2020年代初年として出鼻をくじかれることで、加齢と共に悪循環にならないことを願うばかりです。ごく一部、大会等独自開催を実施していた主催者は「狭き門を通過すること」が出来ました。密閉密集密接の「三密」の影響で中止と判断された主催者は、大変なる致命傷を受けて、ゼロからの出発となったことで「成功者」と「失敗者」の二極化を作ってしまいました。

これはコロナ禍「コロナか」の影響と思います。誕生から人生設計が決定付けられることは、時代も相手も選択できません。誠となる「運命」と烙印を押されました。これは、団塊ジュニア世代の受験競争と就職氷河期が見本市となって、失敗者の末路も見向きされない光景が、失敗者も団塊ジュニア世代の失敗の二の舞にならないことを切に願うばかりです。

2001年06月01日に開局した現在のエムシーネットは、時代から判断して、時期が良かったと実感出来ています。もし一年遅延したら、何が起きるかが分からなかったと思います。時期と社会情勢が一致出来なかったら、苦境が待っていたと思います。幸い、アニメ情報で運営できただけで安全圏が出来ました。

 

f:id:manga-corner:20200919015917j:plain

【写真02】「人気アニメ投票歴代優勝一覧表」第一弾
(2020年09月19日01時56分撮影)

人気アニメ投票リサーチの走行弾丸「トーナメント制」が施行してから2013年07月09日に開業されました。順位制時代の余韻があることにより、第25回大会までが対象でした。第26回大会以降は、まだ未着工で色付を楽しむ程度として青写真の夢を語ることが中心でした。その当時は、モバイル版全線開通は、2000年代と同様に「夢物語」でした。

 

f:id:manga-corner:20200919021748j:plain

【写真03】「人気アニメ投票歴代優勝一覧表」第二弾
(2020年09月19日02時14分撮影)

2018年09月29日にモバイル版全線開通が実現出来ましたが、再編統合して開局した2016年06月01日で、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」とエムサブコンテンツによる2010年代路線の約七割が完成して、トンネルが貫通しました。第50回大会が開催出来たことにより、第27回と第28回の中間点として「新第28回」が設置されました。

 

f:id:manga-corner:20200919015935j:plain

【写真04】「人気アニメ投票過去トップ一覧表」第一弾
(2020年09月19日01時56分撮影)

当時は、第27回大会が2000年代最終区終点として、2010年代へ渡るには連絡船を作りました。順位制時代は第35回大会まで開催しましたが、第27回大会の振り出し地点まで返されます。2018年09月29日モバイル版全線開通が実現してから、第28回大会から順に一歩ずつ前進しました。

 

f:id:manga-corner:20200919021728j:plain

【写真05】「人気アニメ投票過去トップ一覧表」第二弾
(2020年09月19日02時14分撮影)

2018年09月29日モバイル版全線開通が実現してから約二年が経過しますが、目印として第29回大会から単独で「人気アニメ投票歴代優勝一覧表」と合流していました。今後は、主要アニメ放映一覧表と人気アニメ投票ブロック代表一覧表と共に合流されます。ただし、個人サイトおよび同人誌関係は、後日は未定ですが、2000年代と2020年代で区別されることにより、2010年代路線には乗り入れが出来なくなります。

写真展示を通じて、2000年代と2020年代の環境が変化していることが実感できます。ぜひとも体験して下さい。


【公式ウェブサイト】
MNR第50回2020年前期人気アニメ投票リサーチ
https://mcnetanime.info/MNR50TH/

人気アニメ投票歴代優勝一覧表
https://mcnetanime.info/anime/NC.html

人気アニメ投票過去トップ一覧表
https://mcnetanime.info/anime/touhyoukako.html