人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

#MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ ブロック予選大会展望

【通常大会専用】

各出版社別ブロック予選大会
その前に重要文書が二部ありますのでお読みになってから「各出版社別ブロック予選大会」に移動されます

【重要】福岡県アニメ情報と広島県アニメ情報の廃止について
2018年09月29日深夜00時00分より山口県発アニメ情報ガイドのモバイル版全線開通に基づき、お隣の福岡県アニメ情報と広島県アニメ情報は2018年09月30日終日で廃止となりました。

現在、山口県の深夜アニメ放映は、福岡県および広島県の番組でも山口県の深夜アニメ放映と共通として視聴可能となりました。
よって、福岡県アニメ情報と広島県アニメ情報は、全て山口県アニメ情報の編入統合の対応でとらせて頂きますことをご理解ご了承願います。

フジテレビ系全国ネットおよびテレビ東京系ネットは、一部の番組が山口県側の所轄に該当するため、ケーブルテレビから送受信を山口県の大半が、福岡県側からやむなく許可されております。本当は送受信を許可されません。
福岡県内でのフジテレビ系アニメおよびテレビ東京系アニメによる番宣は行われておりません。理由は山口県の所轄となっているためです。広島県のフジテレビ系列もアニメ番組の番宣は行われません。
現在、フジテレビ系アニメは「全国ネット」および「ノイタミナアニメ」、テレビ東京系アニメは朝夕アニメの「テレビ東京系列ネット」です。

当初、山口県にアニメ情報が誕生することは誰も予想が出来ませんでした。
当時のボンバースタジオや少年少女漫画総合版「マンガコーナー」管理人代表も、山口県での情報発信は反対しており、東京移転を目指しておりました。ボンバースタジオ時代では、1997年04月24日に旧山口県新南陽市に移転されました。約四年間が経過しても状況が変わらず、21世紀元年上半期最後の2001年06月01日正午12時00分に、やむを得ずウェブサイトを旧山口県新南陽市で開局せざるを得ない状態となりました。情報発信をするには、当時の2001年06月01日正午12時00分で開局しなければ失敗になると思いました。

2000年代の地デジ問題があったことは、山口県にフジテレビ系フルネットとテレビ東京系フルネットが存在していないためと判明しております。アニメ番組は、当時福岡県の「TVQ九州放送さん」で渡し船状態として情報を接続する必要が約15年間続きました。一番栄えた第27回2008年後期人気アニメ投票リサーチが、テレビ東京系列の「TVQ九州放送さん」を利用して、未来の2020年06月01日地点までの接続を、2018年09月30日終日まで渡し船状態として続けていました。

山口県内の日本テレビ系列番組切り離しについて】
現在、日本テレビ系列の山口県周南市本社のKRY山口放送さんは「アニメ番組」「アニメ映画」のみ山口県の対象として、アニメ番組以外の日本テレビ系列番組を山口県から切り離しをさせて頂いています。2020年11月11日深夜00時00分からアニメ番組以外の日本テレビ系列番組を山口県から分離することを執行致しました。
山口県内にアニメ番組以外の日本テレビ系列番組が放映されておりますが、2020年12月01日現在、山口県とは無関係です。
近い将来、山口県周南市本社のKRY山口放送さんに、テレビ東京系列番組が移行されたら、現行の日本テレビ系列番組は全て廃止となります。
広島都市圏と広島県は、テレビ東京系列が誕生実現できた時点で、山口県アニメ情報に完全編入されます。

山口県アニメ情報は、2001年06月01日に旧新南陽市で開局してから19年以上が経過したことで、周南市内にアニメ情報の実力が強固されたと思います。
KRY山口放送さんをも巻き込んで、アニメ情報へ強引に移行させてしまったことの罪悪感もあると思います。

周南市内でのアニメ情報圧勝」というスローガンが、周南地域地元の民間人も傾けさせてしまい、他ジャンルで活動されても「しこりが残る20年間」が待っています。
現実に周南市内でグルメ情報や観光情報等で活動されても空振り状態です。

2001年の平成大合併で、周南合併は、県内第一号のリーダーになれないどころか、県内第一号の失敗者と烙印を押されました。
その結果、下関市山口市山口県内二強時代を誕生させてしまいました。
周南合併は、それ以前の明治時代から根本的な部分を考えていく必要があったのではないかと思います。成功するには、その当時の「時間」と、能力を発揮できる「タイミング」だと思います。徳山藩をきちんと整備していれば、周南地域の市民たちの人生も変わることが出来たのではないかと思います。

以上
2020年12月01日
エムシーネット山口県発アニメ情報ガイド
管理人代表:河野宗尚


【重要】「主要アニメ放映一覧表」および「過去トップ一覧表」に設置された投票所廃止について
少年少女漫画総合版「マンガコーナー」でトーナメント制から実施されていました「主要アニメ放映一覧表」および「過去トップ一覧表」に設置された投票所は、第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ予選大会を持ちまして廃止して頂くことを決定致しました。
現在は、エムシーネット山口県発アニメ情報ガイドの所轄として、事業用仕様として合理化を進めております。第53回2021年後期人気アニメ投票リサーチから事業用仕様へ移行するには、今大会で「主要アニメ放映一覧表」および「過去トップ一覧表」に設置された投票所廃止を執行する必要があるためです。第52回2021年前期人気アニメ投票リサーチは、事業用仕様の「ならし運営」として開催させる必要があります。流れを切り替えるには時間が必要ですのでご理解ご了承頂けたら幸いです。

人気アニメ投票リサーチの後期開催は今年で20回目です。
色々ありましたが「各出版社別ブロック予選大会」へ進みます。

f:id:manga-corner:20201122212315g:plain

各出版社別ブロック予選大会

一次予選通過アニメタイトルチームおよび前回上位大会出場アニメタイトルチームによる戦況

少年ジャンプ
前大会上位大会出場を果たした「約束のネバーランド」を軸に高水準の対戦が期待される。「BORUTO -NARUTO N.GENE-」はNARUTOシリーズ通算30回目の予選大会出場となる。悲観の上位大会出場を目指す「ハイキュー!!」は深夜アニメで実力をつけている。「ブラッククローバー」は前大会に続いて今大会も予選大会出場となる。

集英社
まず注目されるのが1991年10月から1992年09月まで放映されて以来29年ぶりにアニメ化された「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」だ。当時は週刊少年ジャンプで「DRAGON BALL」と共に競合していた。全大会上位大会出場を果たした「ジョジョの奇妙な冒険」も同様である。少女漫画の「ちびまる子ちゃん」は紅一点で9大会ぶり上位大会出場を目指す。「デジモンアドベンチャー:」は前大会に続いて今大会も予選大会出場となる。

講談社
前大会上位大会出場を果たした「ちはやふる」と上位大会優勝経験があるプリキュアシリーズの一騎打ちも予想される。プリキュアシリーズは「ヒーリングっど プリキュア」で伝統を引き継ぐことが出来るかがカギとなる。深夜アニメのエース「炎炎ノ消防隊」も上位大会出場をすれば流れも変わる可能性がある。「ミュークルドリーミー」は2020年アニメタイトルチーム初の予選大会出場となる。

講小連合組
前大会上位大会出場を果たした代表「ドラえもん」と特別出場「ポケットモンスター」が中心だが、5大会連続上位大会出場を果たした「妖怪ウォッチ」も「妖怪ウォッチJam」で上位大会出場を目指す。「ハクション大魔王」は1969年10月から通常版「ハクション大魔王第1作」でアニメ化デビューを果たしている。

小学館A組
前大会予選大会準優勝「イナズマイレブン」がシード権を獲得した。「新幹線変形ロボ シンカリオン」は3大会ぶりの予選大会出場を果たした。「名探偵コナン」は気まぐれに上位大会出場を果たすことで流れを変える実力がある。「MAJOR -メジャー-」は上位大会出場経験があるが体育会系対決もあり得る。

小学館B組
前大会上位大会出場を果たした「リルリルフェアリル」が念願のシード権を獲得した。アイカツシリーズ「アイカツオンパレード」の上位大会出場は期待される。プレーオフ戦に勝利した「キラッとプリチャン」は順位制の第32回2011年前期からプリティーシリーズ通算20大会連続予選大会出場を樹立した。「映像研には手を出すな!」は2010年代最後のアニメタイトルチームだ。

他出版A組
前大会上位大会出場を果たした「黒執事」が二年連続後期優勝に重圧がかかる。「弱虫ペダル」は上位大会出場経験があって勝利した経験もある。他出版B組からブロック異動をした「しまじろうのわお!」も注意が必要だ。「おしりたんてい」はポプラ社で他出版B組に配置されていたが出版社ごとブロック異動された。「かいけつゾロリ」も他出版A組所轄だ。

他出版B組
前大会上位大会出場を果たした「ルパン三世」が一歩リードするが「サザエさん」は放映実績では一枚上手だ。「カミワザ・ワンダ」はタイブレーク戦で「クレヨンしんちゃん」に勝利した。「銀河英雄伝説」はOVAオリジナル・ビデオ・アニメーション」からアニメ化に転身した。

【公式ウェブサイト】
MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ
※大会を終了致しました

【ウェブサイト】
主要アニメ放映一覧表
※大会を終了致しました

人気アニメ投票過去トップ一覧表
※大会を終了致しました