人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

「エムシーネット」非SSL公開最終日

ボンバースタジオ生誕25年記念企画特別編
「「エムシーネット」非SSL公開最終日」

f:id:manga-corner:20190930154852j:plain

【写真01】
エムシーネット」非SSL公開最終日
(2019年09月30日15時45分撮影)

2001年06月01日開局から三カ月後の2001年09月09日に移転公開を経由して、再編統合前による平成時代の旗揚げとなった「少年少女漫画総合版「マンガコーナー」を担う「エムシーネット」非SSL公開最終日を2019年09月30日全日まで実施致しました。

2001年06月01日から2001年09月09日までボムスタジオ制作「インターネットチャンネル」を運営していました。自作CGIプログラムの設置が禁止されたことにより、プロバイダーを再契約しました。そのプロバイダーが「ニフティさん」でした。2001年09月09日当時は、アットホームページで自作CGIプログラムの設置が許可されていました。

2005年06月01日に、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」のトップページに、Yahoo!カテゴリ掲載をきっかけで喝采を浴びました。しかしながら、検索方式が変更されたことによりアクセス減少しました。アニメ番組表の動画フラッシュ版が少女漫画総合版「マンガコーナー」の高度成長期を支えたことにより、2009年から約一年間バブル景気を体験しました。2005年04月01日に「アニメファン倶楽部」と「アンケート投票結果」が再編統合された「アニメファン倶楽部人気投票」が開局されました。

f:id:manga-corner:20100101000702j:plain

【写真02】
バブル景気に踊らされた
「アニメファン倶楽部人気投票」
(2010年01月01日00時07分撮影)

バブル景気に踊らされた「アニメファン倶楽部人気投票」が人気アニメの帝王となっていました。2010年01月01日当時、「アニメファン倶楽部人気投票」は、深夜アニメ対策を全く施していませんでした。第29回2009年後期人気アニメ投票リサーチは実施中でした。そこから悲劇を出してしまうのです。それが、少女漫画総合版「マンガコーナー」のバブル崩壊の始まりでした。

バブル崩壊と言われても「バブルの余韻」がありました。2010年03月27日当時、スマートフォン普及によるモバイル版対応ウェブサイトは存在していませんでした。常時SSLは、「会員ログイン」「ネットバンキング」「通信販売」「クレジットカード決済」が主流でした。SSL証明書も年間契約は大変高額で、特に個人サイト運営者は、とても手に出せる契約ではありません。特に企業認証SSLは、法人が対象です。

2010年06月01日時点で、10年以上放映アニメもまだ少数で、深夜1クールアニメ放映にもまだ余力がありました。個人サイトも企業サイトもモバイル版対応ウェブサイトは時期尚早でした。「まだ大丈夫だろう」の気持ちが、三年後になって変化が表れてくるのです。スマートフォン制作が対応できる「ホームページ・ビルダー16」が、2011年10月07日に発売されました。スマートフォン制作が対応できるウェブサイト管理人は、先を越して制作に取り掛かり始めました。

f:id:manga-corner:20190930155515j:plain

【写真03】
深夜1クールアニメ放映対象
「ファームアニメ投票大会」
(2014年08月07日15時20分撮影)

広告配信を始めた少女漫画総合版「マンガコーナー」は、2015年01月01日から「モバイルフレンドリーによる指導メール」が配信されました。事前に調査してから約一年半後の2016年11月22日に購買しました。モバイル版対応ウェブサイトが搭載された「ホームページ・ビルダー21」でした。今まで雨宿りをしてきた「アニメオタクによる深夜1クールアニメ放映対策どころではない」と宣言しました。アットホームページサービスが、本来なら2016年09月29日15時00分の予定を「夏休み期間を猶予とした2016年11月10日15時00分」に公開終了を執行されました。その時点で、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」の身分が喪失したことを意味しました。企業サイトでは、既にモバイル版ウェブサイト全線開通を宣言しています。しかし、個人サイトでは、モバイル版ウェブサイト全線開通を宣言していない分、企業サイトと個人サイトの間の立場として肩身の狭い思いをせずに済まされていました。

アニメオタクのためのファームアニメ投票大会が、特例として第11回ファームアニメ投票大会ファイナルを開催して、全ての日程が終了されました。アニメオタクが運営する個人サイトが、大連鎖で閉鎖されたことにより、モバイル版ウェブサイトの難関業務に露呈されました。主なアニメ放映一覧表は、2013年度版から急激に掲載数が低下して、2015年度版は2アニメタイトルチーム掲載の悲惨な結果を出しました。アニメオタクの深夜1クールアニメが多数放映に対して「2アニメタイトルチーム掲載」となれば、就職氷河期の大卒就職率「55.1パーセント」に匹敵する水準です。2015年アニメをここまで苦しめたことに大変申し訳なく思います。2019年09月30日現在、KRY山口放送さんの深夜アニメ番組枠は「ワンピース」が独占していました。「ワンピース」が深夜アニメ番組枠に進出することは、既に詰んでいることを意味しました。仮にTVドラマが進出しても「勝ち目なし」です。BSテレ東さんの深夜アニメ枠も長期放映アニメが主流となりました。2010年代後半で、2010年代前半との環境が180度変わりました。

2018年09月29日にモバイル版ウェブサイト全線開通を宣言した後、常時SSLの移行指示が出されました。2018年12月03日にドメインを取得して、作業に取り掛かりました。「http://」から「https://」に変更することに戸惑いました。下部組織から対応して、上部組織へ進みました。約一年間の計画を立てながら、常時SSLになじませる作戦を実施致しました。人気アニメ投票リサーチは、第48回大会で非SSL運営最後の開催を実施致しました。深夜アニメ対策は失敗しましたが、モバイル版ウェブサイト全線開通により、景気はグレーゾーンを通過しました。

f:id:manga-corner:20190929180147j:plain

【写真04】ボーナス写真
2019年度版山﨑八幡宮秋季例大祭
山口県周南市宮の前」
(2019年09月29日18時01分撮影)

2019年09月29日現在、常時SSLによるモバイル版ウェブサイトが既に準備完了していました。2018年09月29日は、非SSLによるモバイル版ウェブサイトで運営開始と同時に、山口ゆめ花博が開催されていました。たった一年間で環境が180度変わりました。

(訂正とお詫び)
「2018年12月03日にドメイン所得して、作業に取り掛かりました。」につきまして文中に誤字がありました
ドメイン所得して」誤字
ドメインを取得して」訂正
以上で訂正とお詫びを申し上げます