人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

#MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ 上位大会開会式

f:id:manga-corner:20201122212315g:plain

ただいまより「MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ 上位大会開会式」を行います

(ファンファーレ)

アニメタイトルチームが入場します

(先頭省略)

他出版B組代表
カミワザ・ワンダ[初]
(初出場)
旧その他出版社C組の朝夕アニメタイトルチームが第42回大会の上位大会に出場しました
朝夕アニメタイトルチームが9大会ぶりに出場したのは「カミワザ・ワンダ」です

他出版A組代表
弱虫ペダル[3]
(3大会ぶり3回目)
第48回大会以来の上位大会出場となりました
絶望感があった深夜アニメタイトルチームを救ったのが幸いでした

小学館B組代表
キラッとプリチャン[5]
(5大会ぶり5回目)
第46回大会で優勝した「アイドルタイム プリパラ」以来の上位大会出場となります
2010年代唯一の二年連続上位大会優勝の記録保持となりました

小学館A組代表
名探偵コナン[9]
(2大会ぶり9回目)
2000年代の順位制時代から2010年代を経由して2020年代も上位大会出場を果たしました
2010年代の上位大会出場は第36回大会と第43回大会と第49回大会です

講小連合組代表
ポケットモンスター[7]
(2大会連続7回目)
前大会は小学館A組代表として上位大会出場を果たしました
初戦の対戦相手は他出版B組代表「カミワザ・ワンダ」です

講談社代表
ヒーリングっど プリキュア[12]
(2大会ぶり12回目)
2000年代の順位制時代から2010年代を経由して2020年代も上位大会出場を果たしました
プリキュアシリーズとして2020年代による上位大会出場の健在を証明しました

集英社代表
ジョジョの奇妙な冒険[8]
(4大会連続8回目)
集英社勢初の4大会連続上位大会出場を果たしました
初戦の対戦相手は小学館B組代表「キラッとプリチャン」です

少年ジャンプ代表
約束のネバーランド[2]
(2大会連続2回目)
2018年アニメタイトルチーム初2大会連続上位大会出場を果たしました
初戦の対戦相手は講談社代表「ヒーリングっど プリキュア」です

----------------------------
(入場終了)

(プログラム省略)

==あいさつ==
アニメタイトルチームの諸君
およびアニメファンの皆様
こんにちは

今大会は、コロナ禍「コロナか」の影響により、一カ月遅延による上位大会開催となりました。今大会の上位大会開会式は2021年02月02日で、今年は節分の日となります。理由は、地球が太陽を一周する時間が365日ではないためです。

前大会は、緊急事態宣言により、全てのイベントおよびスポーツ開催が自粛を実施していることの影響で、約三カ月遅延の予選大会開催となりました。2020年08月11日のお話でした。本日から駆足状態で、上位大会1回戦まで実施することが出来ました。上位大会準決勝および上位大会決勝は、中止が決定されたことにより、空欄となりました。その影響で、得するアニメタイトルチームと損するアニメタイトルチームの明と暗に分けられました。特に、惨敗事件から失われた10年の問題を解決することが出来ていません。

10大会前の2015年前期記念による第40回記念大会で、当時ファームアニメ投票大会で編成された深夜選抜組が第39回大会で惨敗結果を出したことに続いて、当時少年ジャンプB組代表「SKET DANCE」に圧倒されました。度重なる惨敗結果に歯止めがかからない状態で、最後の本番の日として管理人代表が、とあるイベントの実行委員会に参加しました。その後の打ち上げパーティーによる会食に参加することを、自粛する運びとして判断を出しました。

もし、打ち上げパーティーによる会食に参加していたら、惨敗結果の不謹慎として非難が浴びられます。とあるイベントの他のメンバーは、人気アニメ投票リサーチに関係がないため、打ち上げパーティーによる会食の参加は許されます。人気アニメ投票リサーチの惨敗事件は、2010年02月26日の第29回2009年後期人気アニメ投票リサーチが最初の当事者です。

二回目の緊急事態宣言は、2021年01月07日に首都圏1都3県および大都市を擁する地方の一部に限定されました。しかしながら、政治家やタレントの会食や大多数のパーティーが、緊急事態宣言の間でも目立ちました。それは、メディアが撮影して報道されるだけで、一般市民の方が政治家やタレントよりも目立っていると思います。

プライバシーの関係で、一般市民の問題行動を報道で公開することは、人権侵害に該当することで、規則上に基づいて撮影されないだけです。もし撮影されているのであれば、編集上でモザイクを添加しながら音声を変えていると思います。

ウェブサイトを運営することは、プログラミングの知識を持たないと制作することが出来ません。誰でも手軽に出来るソーシャル・ネットワーキング・サービスで一般市民の問題行動の動画を撮影して公開されますと、すかさず炎上を起こして、職場や学校でいじめが発生します。

いじめは、新型コロナと同じく厄介な問題です。いじめの被害者が、いじめの加害者に対して、報復攻撃による殺人事件等を起こすことがニュースで報道されています。また、いじめは、加害者も被害者も両成敗として、社会全体の生産性を低下させる行為です。いじめの当事者は、将来の就職活動にも影響を与えます。職場の同僚や上司に対するトラブルが後を絶たないため、就職活動による試験で採用を見送られる傾向が多数です。その現実をしっかり理解する必要があります。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、間違った操作を行うことで、相手に刃物を向ける凶器に変わります。実際、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを通じて殺人事件も起きています。手軽に出来ることは、犯罪も簡単に起きることを理解する必要があります。結論から申し上げますと、ネットはウェブサイトを制作して運営することが身だしなみとしての姿勢です。

人気アニメ投票リサーチによる後期開催は今年で20回目となります。2001年当時の最初による後期開催は、各種人気投票「アニメ部門」でした。当時2ちゃんねる運営による「アニメ板最萌トーナメント」から年一回開催されました「アニメ最萌トーナメント」は、現在「前期人気アニメ投票リサーチ」と併用で開催されています。第53回2021年後期から「アニメ最萌トーナメント」と「人気アニメ投票リサーチ」の再編統合で新名称での大会が引継ぎとして開催されることが予定されています。

今大会の予選大会で終了とされました「過去トップ一覧表」と「主要アニメ放映一覧表」による投票所は、それぞれ「2013年定点」と「2017年定点」として展示されます。著作権による当事者がお亡くなりになった場合、他人が「人気アニメ投票リサーチ」を使用することが出来なくなることから、再編統合の重要性が問われます。終活の言葉もありますが、他人に引き継ぐことが出来るように本人のコピーレフト設定による著作権譲渡で、仕事が出来る形にするには当事者の了解が必要となります。

現在の「人気アニメ投票リサーチ」は、エムシーネットがコピーライトの状態となっていますので、エムシーネットコピーレフトの立場で変更しなければ再編統合が成立しません。エムシーネットが主催として開催出来るのは、今大会の第51回大会と第52回大会のみに残されました。

今大会上位大会に出場している全アニメタイトルチームは、現在無敗です。
全アニメタイトルチームが集まるのは、開会式のみです。
上位大会の対戦で、1アニメタイトルチームずつ姿を消していきます。
勝敗は抜きにして、悔いのないように全力で対戦して下さい。
以上で終わります。

(選手宣誓省略)

以上を持ちまして
「MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ 上位大会開会式」を終了します
アニメタイトルチームは退場して下さい

------------------------------------------------
第5節は2021年02月02日16時開催予定です
上位大会1回戦(A-1)
※開幕戦
  弱虫ペダル
  (他出版A組)
    VS.
  名探偵コナン
  (小学館A組)

於:エムシー本部会場

上位大会1回戦(A-2)
  ヒーリングっど
   プリキュア
   (講談社
     VS.
 約束のネバーランド
  (少年ジャンプ)

於:MCアニメ部会場

兼 MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ 上位大会1回戦開始1
------------------------------------------------
【公式ウェブサイト】
MNR第51回2020年後期人気アニメ投票リサーチ
※大会を終了致しました

【ウェブサイト】
エムシーネット山口県発アニメ情報ガイド)
※大会を終了致しました

MCアニメ部(旧エムシーネットアニメ部)
※大会を終了致しました