人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

常時SSL対応せずして2010年代10年間運営制覇はない

ボンバースタジオ生誕25年記念企画その17
「常時SSL対応せずして2010年代10年間運営制覇はない」

【2019年12月22日15時00分現在】
常時SSL未対応「http://」で運営している管理者さんは2020年元旦に間に合わせることは不可能となりました(@homepageは終了しました)

f:id:manga-corner:20191222015220j:plain

【図】
エムシーネット内のメール対応
(2019年12月04日17時22分撮影)
※2019年12月04日17時40分編集

常時SSL移行によるアドレスは、もちろんドメイン取得のみとなり、自分専用アドレスで運営することが大前提となりました。今までは、プロバイダーさんのホームページサービスでお世話になりました。2016年11月10日15時00分でホームページサービスが終了してから救済用としてサブドメイン専用のホームページに移行して2016年06月01日に開局しました。

しかしながら、GoogleさんによるChromeブラウザで「保護されていない通信」機能が作動されていました。エムシーネットも例外でなく「焦燥感」がありました。常時SSL専用のレンタルサーバーを探していましたが、なかなか条件がそぐわなく、全て「はずれくじ」の状態でした。サブドメインは、エムシーネットにそぐわないアドレスが全てでした。

自分専用アドレスで運営することを一応検討していました。時間がたくさんあると思われがちでしたが、ほとんど間に合わない状態でした。ホームページ・ビルダーを購入した時にレンタルサーバーがあると聞かれた時に、一瞬ウェブサイトを閲覧しました。2018年10月01日時点で、常時SSL対応のレンタルサーバーを見つけました。独自SSLは年間約三万円かかりますが、共有SSLは無料でした。

f:id:manga-corner:20191222015311j:plain

【写真01】
旧アドレスによる
エムシーネット「非SSL
(2019年12月03日20時20分撮影)

自分専用アドレスで運営すること自体「初心者」でしたので、共有SSLを選択しました。独自SSLは、人気アニメ投票リサーチ等の運営証明書の主張が通用するだけですので、高額で時期尚早でした。今まで常時SSLに対応してこなかったのは、前文の通り、高額であることです。

未来のために自分専用アドレスで運営せざるを得ないと判断して、ホームページ・ビルダーサービスのレンタルサーバーを契約することを勧めました。三カ月間無料ということで2018年12月03日にドメイン取得に成功して、ウェブサイトのデータ移行による作業を開始しました。

広告配信の作業に壁がありました。Google AdSenseのタグを張り付けた後に審査を申し込みましたが、不採用となりました。メールでは「審査の結果、残念ながら、現時点ではお客様のサイトに広告を掲載することはできません。サイトに広告を表示できるようにするには、問題を解決してください。」と表記されていました。
以前の通常方式から審査方式に切り替わっていました。

採用するまで常時SSLの移行作業に集中していました。一部のコンテンツが常時SSLの移行作業が終了した時、既に2018年12月23日になりました。アニメファン倶楽部人気投票2019年春季号の更新作業日でした。更新作業日に実施しましたが、広告配信はまだ不採用のままでした。普段通りに運営をした後、2018年12月27日に広告配信は採用となりました。約一カ月の苦労でした。Airランキングでは、アドレスについて「https://」に変更する作業を2018年12月23日に実施致しました。Airランキングも既に「https://」へ移行致しました。

f:id:manga-corner:20191203202556j:plain

【写真02】
新アドレスによる
エムシーネット「常時SSL
(2019年12月03日20時21分撮影)

常時SSL移行は、末端コンテンツを中心に施行していました。エムシー本部は、非SSLで運営していることにより、未公開状態でした。エムシーネットガイドラインは、2019年05月01日から常時SSLへ移行しました。バナーリンクと運営情報を経由して、2019年06月01日にエムシーネット本部を常時SSLへ移行しました。非SSLのみで運営しているコンテンツは「第48回2019年前期人気アニメ投票リサーチ」のみとなりました。投票参加した時と同時に「保護されていない通信」の赤点滅が点灯していました。2019年08月12日の祭り主催者と会話しても全く理解できておらず、都市と地方の知識格差が明らかとなりました。時代の先端で、いくら発信しても温度差がありました。特に山口県でのパソコン教室も「撤退」が目立ちますが、パソコンを学んでも仕組みを理解しなければ講義を受けても意味がありません。目標を持ってパソコン教室に通学することが上達の近道です。2003年当時のマンガコーナー管理人さんがパソコン教室に通学したことですが、ウェブサイト開局した後に講義を学んだことを聞きました。
2019年12月22日現在でスマートフォンが主流となりましたが、パソコンの知識のない大人たちを拝見すると大抵ゲーム機として使われていないのが現実です。スマートフォンをゲーム機として使うのであれば、家庭用ゲーム機で遊ぶべきです。オンラインゲームで課金をつぎ込んでゲームすることは、生活破綻へ進みます。これは、同人誌や自主映画で、自分の人生を溝に捨てるのと同じです。キャラクターを育成することよりガチャ課金を重視していれば、キャラクターを見捨てることとなります。該当していれば、育成教育は不向きです。

f:id:manga-corner:20191203202934j:plain

【写真03】
現在常時SSL対応運営で公開中の
「アニメファン倶楽部人気投票」
(2019年12月03日20時24分撮影)

2001年11月01日から第1回各種人気投票アニメ部門「第1回アニメ人気投票」を実施したことがきっかけで、アンケート集計・結果コーナー「アンケート投票結果」を設立しました。アニメファン倶楽部の前身である「フルバファン倶楽部」は、2001年10月28日に一部開局しました。「フルバファン倶楽部」の「フルバ」は、高屋奈月先生の「フルーツバスケット」です。2004年09月30日まで「アニメファン倶楽部」を運営していました。新サイト名「アニメファン倶楽部人気投票」をディレクトリ「fansite」のコンテンツにて2005年01月に準備開局設置を経由して、2005年04月01日に「アニメファン倶楽部人気投票」として開局しました。2005年04月01日当時は、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」で、Yahoo!カテゴリ掲載はありませんでした。2009年から人気アニメバブルが起きました。「アニメファン倶楽部人気投票」は、高アクセスの状態で、バブル絶頂期でした。

2010年01月01日から状況が変わりました。10の位が動きました。
小学一年生であれば高校二年生に変わります。
10年の月日は「落差」もありました。

PC版人気凋落、スマートフォン、ホームページサービス打ち切り、モバイル版対応ウェブサイト、常時SSL…。2010年代は、五項目による苦難が待ち構えていました。2010年代10年間運営制覇をするには五つの命が必要でした。

==ここから==
【2010年代10年間制覇の戒め】
個人法人問わず2006年12月31日までに開局したウェブサイトで、2010年代10年間運営制覇をするには五つの命が必要となる。

「PC版人気凋落」
2009年12月31日まで通用してきたPC版は、スマートフォン普及を仕掛けてきたアメリカ企業による影響で、日本に押し寄せた手軽な端末によってウェブサイトに弊害が来る。スマートフォンで閲覧すると、今まで公開してきたウェブサイトの文字サイズに、極端であるが、やたらと小さく表示されて見えにくくなる。対応しなければ、訪問者から去っていき、死活問題となる。そこで一つ目の命を落とす。

スマートフォン
2009年12月31日まで通用してきたガラケー携帯は、スマートフォン普及と共に衰退してくることが予想されるであろう。ポータルサイトを運営する企業さんは、スマートフォン対応のサービスが仕掛けられた時に、ガラケー携帯ユーザーを切り捨てるであろう。電話でやり取りするならガラケー携帯で間に合うが、ウェブサイト運営者はスマートフォンに対応しなければ死活問題となる。そこで二つ目の命を落とす。

「ホームページサービス打ち切り」
2009年12月31日まで通用してきたホームページサービスは、維持費を広告で賄われているため、企業さんにとって、いつまでも面倒を見てくれるわけではない。企業さんから通告メールを受け取ったら、管理人さんは、データ消失を防ぐため、データ移行に対応しなければならない。もし対応しなければ、データ消失による財産が消滅して死活問題となる。そこで三つ目の命を落とす。

「モバイル版対応ウェブサイト」
2009年12月31日まで通用してきたウェブサイトは、スマートフォン普及により、モバイル版対応ウェブサイトで制作することが求められる。2010年前半はウェブサイト制作ソフトでも普及は出来ないだろうが、2010年代後半でようやくウェブサイト制作ソフトが完成するだろう。その時に対応して計画準備に取り掛からなければならない。タイミングをずらすと、2020年目前で手遅れとなり、完成できずに死活問題となる。そこで四つ目の命を落とす。

「常時SSL
2009年12月31日まで通用してきたウェブサイトは、将来ネット環境の整備がよくなり、外出中でもコードレスのインターネットが出来るようになるだろう。その時、セキュリティー問題が発生し、自分の足元にお留守となる。悪人の餌食になった時、あなたのウェブサイトが当事者であれば当然死活問題となる。常時SSL対応が出来ず、セキュリティーをきちんとしなければ一生信用は帰ってこない。そこで五つ目の命を落とす。

その他、山口県エンターテインメント枠組構想案の指定ジャンルで、周南地域を含む山口県東部は「アニメ情報」、山口市防府市は「ドラマ情報と映画情報」が基本で、ルールを破れば当然2010年代10年間運営制覇の資格が失われる。
当然周南市と下松市で映画情報を運営したら、もちろん失格である。
同じく山口市防府市でアニメ情報を運営したら、もちろん失格である。
山口県のお隣である「広島県」と「福岡県」は該当されない。

高校受験や大学受験で「いくら能力があっても」本人の内申書に問題があれば「当然不合格」である。
第一志望に不合格となってしまえば、計り知れないショックを受ける。

ICOCA招致合戦は広島都市圏圧勝】
JR西日本さんのICOCAによる山口県拡大について、南岩国駅から徳山駅までの採用となり、山口市中心部および新山口駅周辺が見送られた結果による知らせで、山口市および山口県関係者は多大なるショックを受けた。2019年11月02日の前夜祭が控えていた宇部まつりは「残念会まつり」となってしまい、年越せぬ状態となってしまった。ICOCAのキャラクター・イコちゃんによる「ヤマグチショック炸裂」である。
(2019年11月01日の出来事)
以上
==ここまで==

f:id:manga-corner:20100101000702j:plain

【写真04】
バブル景気に踊らされた
「アニメファン倶楽部人気投票」
(2010年01月01日00時07分撮影)

2010年代10年間制覇の話をしましたが、2006年12月31日までに活動およびデビューをされた方はブログやツイッターで画像を添えて提示するのも良いと思います。ツイッターでは、プリキュアの平成20年代10年間放映制覇の画像を提供してくれました。2004年の平成16年02月から放映開始しておりましたので、平成20年代10年間放映制覇は認定されます。推薦して下さったユーザーさんに感謝致します。ありがとうございました。
2010年代10年間制覇について次回のブログで説明致します。
活動されている方ならどなたでも参加できます。ただし、山口県に事業が設置している場合、山口県下関市を除く、山口県エンターテインメント枠組構想案の指定ジャンルに適合する必要があります。山口県で活動している方も同様です。山口県エンターテインメント枠組構想案の指定ジャンルは、次回のブログで説明致します。
山口県周南市から情報発信しております「エムシーネット山口県発アニメ情報ガイド」は指定ジャンル「アニメ情報」です。

次回
「2010年代10年間制覇に関する説明」
を2019年12月25日に告知致します


【ウェブサイト】
エムシーネット山口県発アニメ情報ガイドに関する参照資料

アニメファン倶楽部人気投票の紹介
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/2001cont/animefan.html

2001年度版コンテンツの今後の歩み
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/2001cont/index.html

「コンテンツの歴史その1」
旧マンガコーナー
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/contents01.html

「コンテンツの歴史その2」
アニメファン倶楽部
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/contents02.html

「コンテンツの歴史その3」
各種人気投票
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/contents03.html

少年少女漫画総合版「マンガコーナー」
発足と更新履歴
https://mcnetanime.info/msub/mc-history/rireki.html

アニメ「主要アニメ放映一覧表」
https://mcnetanime.info/anime/list/

人気アニメ投票歴代優勝一覧表
https://mcnetanime.info/anime/NC.html

人気アニメ投票過去トップ一覧表
https://mcnetanime.info/anime/touhyoukako.html

エムシーネットアクセスについて
https://mcnetanime.info/access.html