人気アニメ投票リサーチ情報

人気アニメ投票リサーチ実況および緊急連絡版

「人気アニメ投票リサーチ」2010年代10年間制覇達成

ボンバースタジオ生誕25年記念企画その19
「「人気アニメ投票リサーチ」2010年代10年間制覇達成」

締切未対応時代の2001年11月01日から前身「各種人気投票」として開催してまいりました現在の「人気アニメ投票リサーチ」は、2020年03月03日14時00分に閉会式を開催した時点で、2010年代10年間制覇達成を成し遂げました。2000年代では大都会のレールを走行して、第12回大会2004年夏季に締切対応で投票大会を開催しました。その当時は、「各種人気投票」のアニメ部門で、アニメ人気投票リサーチでした。「各種人気投票」は、キャラクター部門と漫画家部門が存在していましたが、それぞれ第14回大会2004年冬季と第15回大会2005年春季で廃止されました。
第16回大会2005年夏季でYahoo!カテゴリに掲載されてから、第18回大会2005年年末で「人気アニメ投票リサーチ」に改称されました。それから、第23回大会2007年新春まで年4回開催を敢行しました。第24回大会2007年夏季から年2回開催に切り替わりました。第25回大会2007年冬季まで季節名称が使用されましたが、2008年から「前期後期」に切り替わりました。第26回大会2008年前期から出発点でした。第27回大会2008年後期を走行して、第28回大会2009年前期の終了手前で分岐点を走行しました。第29回大会2009年後期から2010年代コースの始発でした。
途中で、2010年元旦であります2010年01月01日の幕開けでした。その最中に、ゲーム関係のコミュニケーションが、色々な場面で合流しました。人気アニメ投票リサーチと共に並走してから、深夜アニメも参入していました。周南萌えサミットファーストインパクトも素通りしていました。
第33回記念大会2011年後期の結果で大惨敗事件を引き起こした後で、第34回大会2012年前期で順位制の機能が一時停止しました。第35回記念大会2012年後期で、Yahoo!カテゴリから削除されていた少年少女漫画総合版「マンガコーナー」の運営陣が、ここで順位制からトーナメント制移行の計画を敢行しました。順位制最後の人気アニメ投票リサーチは、ファームアニメ投票大会と分離して、大会終了と同時に終点となりました。

第36回大会2013年前期からトーナメント制へ移行しました。トーナメントと言えば、2002年から開始された女性キャラクターによる「最萌トーナメント」が存在しました。人気アニメ投票リサーチのトーナメント移行と言われてもピンときませんでした。まだ順位制の余韻がありました。少年少女漫画総合版「マンガコーナー」の主導権があったため、第37回大会2013年後期をリハーサル形式の記念大会として開催されました。
やがて、順位制の面影が消去されて、トーナメント制の定着が進行されました。アニメオタクの中軸であった「最萌トーナメント」に異変が走りました。山口県周南市徳山駅前でも「おもちゃ屋さん」が2013年09月19日前後に閉店されてしまいました。周南萌えサミットファーストインパクトでお世話になっていた「おもちゃ屋さん」でした。深夜アニメ定番のファームアニメ投票大会も、ここで崩壊し始めるのです。
ファームアニメ投票大会編成の「深夜選抜組」が、第38回大会2014年後期で、大会規定によるコールド成立で大敗したことでした。「最萌トーナメント」も管理人不在で崩壊しました。それでも休止するわけにはいかず、第40回記念大会2015年前期を開催しました。新旧入れ替わりの代表アニメタイトルチームがそろいましたが、少年ジャンプ勢の底力を見せつけられました。深夜アニメタイトルチームは、徐々に影が薄くなりました。
第42回大会2016年前期開催の前に、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」のアドレスとして契約していたニフティさんの「アットホームページサービス」の終了通告と、熊本地震が起きました。深夜アニメ対象のファームアニメ投票大会は、誠に勝手ながら、第10回を持ちまして通常大会を終了する運びとなりました。第43回記念大会2016年後期は、マンガコーナー開局15周年記念として、主催によるギリギリの開催が実施されました。

第44回大会2017年前期から、少年少女漫画総合版「マンガコーナー」の身分が喪失となって、8アニメタイトルチームのトーナメント制に変更されました。それから、モバイル版対応ウェブサイト全線開通が、第46回大会2018年前期の上位大会で分岐点となりました。第47回記念大会2018年後期で「平成最後」となって、第48回大会2019年前期で「非SSL最後」となりました。第49回大会2019年後期から「常時SSL」として人気アニメ投票リサーチを開催しました。2020年元旦であります2020年01月01日から13日後、第49回大会2019年後期の上位大会が開催しました。

 

f:id:manga-corner:20200313152700j:plain

【写真】第49回大会2019年後期上位大会
2019年03月03日03時17分撮影
はてなブログ共同掲載企画)


2010年代10年間制覇二次選考通過状況(確定)
2020年03月13日現在、新型コロナウィルスによるコロナショックの影響で2020年03月01日から2020年03月31日まで開催が予定されていましたイベントが中止されました。縮小運営は実績カウントに認定されないため、該当されている地域は「2020年代10年間制覇の夢」は絶たれることとなりました。
特に山口県下松市で開催されます「yabラーメン博」は、主催者の判断の決断で、「中止」が新聞記事の通知でもってかえさせられました。山口県下松市は、2010年代で、市長の引退と、「THEMALL周南」の経営譲渡が仇となり、様々なジャンルで「2010年代10年間制覇の夢」が打ち砕かれました。
2000年代の山口県下松市は、旧山口県徳山市よりも豊かなまちづくりとして知られていました。周南合併では、当時の井川成正市長が、2001年12月26日で開催された合併協議会で、合併期日をめぐって意見がかみ合わず単独市制に切替えることを宣言しました。
あれから18年、山口県下松市が、ゆめタウン下松としてゼロから出発する異様な光景でした。「THEMALL周南」が存続していれば、MOVIX周南さんが、映画情報で2010年代10年間制覇を達成できるはずでした。経営譲渡した時点で、無効となりました。一方山口県周南市は、徳山駅のリニューアル工事で功を奏でました。図書館をめぐって不安要素はありましたが、アニメイベントの「萌えサミット」が影響していると推測されます。アニメ情報であれば、高層ビルの徳山駅は非現実的だったと思います。


エムシーネット山口県発アニメ情報ガイド以外の山口県在住および事業所が対象の指定ジャンルによる二次選考通過は以下の通りです
有効期間は2020年04月01日から2030年03月31日までです
観光情報はAクラスとBクラスに振り分けます
観光情報に掲載されていない山口県市町はCクラスです
観光情報は年間の観光客数で算出しています

観光客数が普段著しく少数であれば「Cクラス」となります
この場合は山口県の企画にあまり参加できません


(1確定)
ドラマ情報「山口市本社限定」
日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ系列は山口市本社が原則です
YAB山口朝日放送さん・TYSテレビ山口さん
※フジテレビ系列ドラマは福岡県および広島県に委託とする
日本テレビ系列ドラマは福岡県および広島県に委託とする

(2確定)
映画情報「下関市宇部市基本」
宇部シネマスクエア7さん・イオンシネマ防府さん・萩ツインシネマさん・YCAM山口情報芸術センターさん・シネマサンシャイン下関さん(2014年07月開業)

(3確定)
アニメ情報「周南市・下松市・光市・柳井市・岩国市基本」
KRY山口放送さん・周南地域を含む山口県東部出身でアニメ化された漫画家および作家
KRY山口放送さんのアニメは現在テレビ東京系列ではないため「制作局を問わないもの」とする
テレビ東京系列になれば「テレビ東京系列アニメ」となります
※「ジモトがジャパン」は地上波でアニメ化されましたので合格となります

(4確定)観光情報
「Aクラス」
萩市長門市美祢市(指定ジャンル)
下関市山口市・岩国市・周防大島町

「Bクラス」
宇部市防府市(特色イベント連動)
周南市(アニメ情報連動)
柳井市山陽小野田市・阿武町(補欠)

以上